上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ 自転車の話 ]

■ 自分はどれに乗りたい?が大事

2014

スペック云々もそうだけど、やはり見た目が重要だ。例え超激安コスパ最強お買い得なんて言われても、見た目が気に入らなければ楽しくない。自分が乗りたいのに乗るべきだよね。今の自分はホワイト一色カラーのクロスを持ってるからできれば違う別のカラーにしたい。ブラックとかそっち系でいいのがあればいいなあ…

■ 観音誰

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

以下は、ほんまに ド素人の 私 的 感 想 なのでご了承。
そう思ったんだから仕方ない。ちなみに他人の~を否定する気は一切ないよ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2014rodokau0ca006.jpg

まず最初に見たかったのがSYNAPSE DISC 105。  169,000円だっけ、予算内。アップライト姿勢が取りやすくロングライドに適したエンデュランス系フレームにコンポが105装備で更にDISCブレーキ搭載。まあ既にMTBでは採用されてるけどね、ロードの採用は珍しい?

http://www.cyclowired.jp/?q=node/115213

けど在庫が無かった…。【後書き追記】今まで一度も現物を見たことが無いです。黒フレームに白ロゴはそこらでもよく見る定番カラーパターンは単調シンプル。たしかに何でも合わせやすいけど、よ~く見てたらやっぱ物足りないんだよなー

それに魅力的なDISCブレーキも私は仕組みや整備方法がよくわからんし、お店でもまだDISC用のパーツは見たことない=手軽にパーツ購入できるのか?とか心配に。そして私自身が「DISCのメリットがわかってない」というオチ。調べろよ!従来のキャリパーで充分じゃないの?とか考えてたら、どーでもよくなってきたw

■ CAAD8は「6」が魅力的

jpg
CAAD8 6 Tiagra  139,000円(税込み)

http://ysroad-nagoya.com/itemblog/2013/07/2014.html
http://www.masutani-cycle.com/cathand/detail-521291.html

・この6 Tiagraにしかない黒緑白のカラーがかっこいい。
・105仕様のは2万円差、お得度で考えたらそっちだろう。でも欲しいカラーが無い。
・コンポはTiagra一式を採用。10速なので上位105にも換装しやすい。
・6 TiagraのBBはBB30ではなく、JIS採用。
 つまり上位クランクに換えたい場合はアダプタ不要で換装が楽!!これがデカイ!
・予算内で買える。浮いたお金でホイールなどをグレードアップしてもいいね
・105への換装は焦らなくてもモデルチェンジ後でも充分だろう。Tiagraで充分だ。

CAAD10に比べて若干中間寄りなジオメトリ。勿論ロングライドでも使える。レースに出場して上位入賞を狙うには厳しいが、そんな人は最初からEVO以上に行くはず。CAAD10と比較するとどうしても全体的に廉価版っぽい。6万円の値段差が気になる。

実際に見ると「8」の字が目立つ。トップチューブのは溶け込んで気にならなかったけどチェーンステーにある2つ並んだ8の字がどうも安っぽく見えたりした。それにTIAGRAのクランクの金属色は見た目が安っぽくて正直ダサイ。そこが残念だった。TiagraのSTIは105以上と違ってヒゲが出る仕様。アウターが外に出てるおかげで整備や交換が楽。内蔵モデルはバーテープを外さなきゃいけなかったりする。見た目はやはり105以上の内蔵モデルのほうがスマート。

CAAD8は初心者の私には充分すぎる性能だと思ってるし、予算が数万円浮くのもでかい。今後は少しずつパーツ交換する楽しみもある。TIAGRAは焦って交換する必要が無い。冷静に考えてド素人の自分が趣味で買う自転車なんだから139k円でも充分贅沢だよね。

■ 元々欲しかったコレは

jpg
CAAD10 5 105 /199,000円(税込み)

http://ysroad-shinjyuku.com/itemblog/2013/09/2014caad10.html
http://matome.naver.jp/odai/2137865265022293301

・105一式。文句なしの高性能。アルミバイクの最高峰。
・アルテグラ採用モデルは予算オーバーなので断念
・性能面では文句なし
・ブレーキケーブル内蔵フレーム。Di2装備にも対応。
・同価格帯のカーボンはエントリー級で性能的には…私はアルミでいいかなー

・約20万円かあ。CAAD8との差は6万円。ぐぬぬぬー   
・初期装備タイヤホイールも悪くは無いエントリーグレード。個人的には問題なし。
・BB30が一番のネック。

2013年度から16,9万→19,9万と3万円も値上げされてしまったCAAD10。ヒント円安&為替。今年のブラックカラーはロゴも見え難くてイマイチ。黒は去年のが良かったかもなー。もしこれでシナプスや8みたいな黒基調+緑白カラーがあれば即決だっただろう。

性能面はどこでも絶賛だけど、やはりBB30のあの問題が気になってしまう。

例えばシマノクランクに変える場合はBB抜いて圧入しての工具購入費や工賃に、クランク本体+着脱用工具に、アダプター本体を計算すると軽く数万円が飛ぶ。それに軽量だからこその薄型フレームは本当に薄くて凹みやすいとか、耐久性が
ないとかボロクソに書かれてる記事も見逃せないところだ。本当なのかな?そして、おすすめNo.1に選ばれてる理由が知りたいような気もする。本当なのかな?

去年の9月頃に調べたときはこれが一番欲しかった。が、ホワイト系はどうだろうなあ?どうせなら一段上のスパ6EVOを買っちゃえば!?とか考えてみる

■ レース目的といえばコレ

jpg
SUPERSIX EVO /259,000円(税込み)

CAAD10と比べると?の質問に、殆どの店員さんが「正直全然違いますね」と答えてた。「踏むと進む距離」が更にスーッとグィーっと、軽さも伸びも加速も剛性も全てが上だとかレース重視で行くなら絶対これですよー!(乗り手もかなり多いですw)とまさに大絶賛。剛性云々の説明もしてもらえた。さすがカーボンフレーム恐るべし。

でも私はガチレース系は興味ないからなあ…。こいつもロングライドに使えるんだけどレース興味なしで遠距離重視ならシナプスのがオススメ的な回答が多かった。CAAD10と比べると約6万円差。まあこれも含めて上位モデルだよなー 高いっ!予算オーバー><

あと失礼なんですが、6の字がダサいっす。フォーク等にある6の字が私はダメだった。昔みたいに「EVO」のままなら揺らいだかもしれない。EVOマークのは海外限定らしい。

■ 14年度 大絶賛のこれを

2014
SYNAPSE carbon 105 /229,000円(税込み)

http://ysroad-kanpachi-r1.com/itemblog/2013/08/post-1502.html
http://ysroad-ueno.com/staffblog/2013/08/9cannondale-new-synapse-1.html
http://blogs.yahoo.co.jp/dats_no/41220210.html

カーボンフレーム
・黒緑白のカラーは8のよりもはこっちのがカッコイイ!
・でも本当にかっこいいカラー配色のはHi-Modで超高額。
・この廉価版はヘッドの白色ラインが無かったり…ちょっぴり物足りないのが惜しい
・横から見たらかっこいいけど、上や正面からは普通かな
・ホイールは501を採用。もう持ってるからなーお下がり換装の必要もないし困るなあ
・105仕様と見せかけて、ブレーキはTIAGRA。ここだけは変えたい。お金が!!
・BB30Aの新規格が気になる。そのうち出るだろうけど、今現在はアダプタが存在しない。
・シートピラーが25.4と選択肢が少なめ。調整ネジも個性的。
・用意してる予算を若干オーバーするかも

ネット上の記事では大絶賛な新型シナプス。ロングライドに適したコンフォート系ロード。初心者の自分でも乗りやすい快適ロードだと思った。ハンドル横幅もCAAD系より少し広い。シートチューブ下~クランクBB周辺の空洞が気になった。折れるんちゃう?な心配はさすがに無さそうで安心w まあ試乗レベルなんで振動吸収はそこまで実感できなかった(比較できず
=クロスで平気な私があんまりわかってない)けど全体的によさげ。レースよりも遠距離系がしたくてロード購入を考えてる私にはぴったりだろう。

たしかにエンデュランスは快適だけど、エンドバー先端で前傾やって遊んでる私の愛車クロスバイクの姿勢と似たような気がした。そりゃ全然別物・別次元なのはわかるけどさ、エアーは乗りやすいし、はっきり言って少し頑張れば遠距離も余裕で行けちゃうんだよね。こいつの売りである「ゆったり快適」部分だけはよく考えたら今の私は求めてないのかも?

「コンフォート系ロードはも~っと歳とってからでいいや。そのとき楽しみたい」

某掲示板のどこかで書かれてた一文を抜粋。あー私にもわかる気がする。

「BB30Aのアダプタもそのうち出るだろうし、すぐ交換する必要も心配も無いだろう。 レースに出ないなら乗りやすいこれが最強だと思う。カーボンいいよ!!」

確かに軽量アルミのクロスバイクを持ってる自分はカーボン入門してもいいと思ってる。某店主さんも「カーボンに乗ればアルミクロスとの違いが楽しめるね」と言ってた。ぐわーー迷うなあ。ホイールやらも交換改造できる楽しみができる!と思えば納得か。更に店員さんいわく「今ならサイズ51の未組み立て在庫が1台だけありますよ」 何ぃ!

■ ここで買うことにします

※ 諸事情により店名は伏せさせていただきます。クレーム受けたわけじゃありませんが。

ここの店内は結構狭く、商品の種類も決して多くは無い。でも接客してくれた兄ちゃんが良かった。近いからここにしようと思います。もう一度気になってた4種類をしっかり見学。もう既にキャノ製のどれかにしたいとまで固まってる。店員さんに気になってたことを色々ときいて相談させてもらった。カタログありがと!

「よしこの店に決めた!どれか買います。とりあえず一週間ほど悩ませてください!」てな感じで、カタログを大事にしまって一旦帰宅。ほんとに一週間ほど本気で悩んでた。そして出した結論は?!  それはまた次回以降にでも。
| 2014/01/23(Thu) | CAAD10 (2014) | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。