上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ 駄文 ] [ 大都会岡山 ]

■ 水曜午後は診察してませーん

drugstore

病院で相手にされず、気持ちも疲れも結構キテます。行ける範囲は全滅した模様。
仕方なくおうちに帰る事にします。ママチャリは超徐行。バッグの紐を調整して
即席三角巾で片腕を支え、段差ごとに「痛っ!」と反応するキモい私。いよいよ
自転車の運転もきつくなってきたので片手で押して歩く。信号の向うに見えるのは
ドラッグストアじゃあーりませんかーっと、休憩がてら寄っていこう。

■ ちょっと気になる~

骨折

一目散に湿布コーナーです。スプレータイプ?貼るタイプ?どっちだ。
ちょうど近くで作業してた店員さんがいるので聞いてみようかな。
「すみません、骨折痛に使えるのはどれがいいですかねー?」
見た目が若い、たぶん20前後っぽい女のこ。無言で数秒考えた挙句
「しょ、少々お待ちください!!!」と急いで遠くへ走っていきました。

・・・あれ?お店の時計で3分以上が経過。一向に帰ってきません。
まあいいや。どれか買って早く冷やして楽になりたい。どれにする?

「お待たせしました!!」 はぁはぁ

さっきの女の子が走って戻ってきた。それならこのフェルビナクが~と説明
が始まります。ところで暖めるのと冷やすのではどっちがいいのかな~?
「!!!」 女のこの表情が固まったと思ったらまた無言で数秒考えた挙句
「しょ、少々お待ちください!!!」と急いで遠くへ走っていきました。
おおおーい!もうええーでーー! 店内冷房で冷えた汗が寒く感じてきた。

結局そのあと私と同年齢くらいの従業員さんが来て何とか解決。
800円だったか、私的にはちょっぴり高いと感じるピッタリ貼るタイプを購入。
ついでに三角巾と飲料を買ってレジ清算後に駐輪場で早速――――。

ママチャリの自転車カゴに荷物を置いて湿布の箱を明けてフィルムを剥がし
風で飛んでいく買い物袋とさっきのフィルムを追いかけ、勢いで自転車が
倒れ、肘の痛みも加わって汗だく半泣き乙。片手で貼るのは大変ダナ、おい。
三角巾も口&歯を使ってそれっぽく結べた気がする。さっきとは全然違う。
地面の段差衝撃も辛くない。それにフェルビナクが効いてる気がするぅー!

どこぞの人から電話が。「やってる病院見つけたよー」 ありがとサンクス!
たぶん暇な事務所内でスマホ片手に調べてくれたんだろう。あざまーす。
ちょっと帰る方向とは違うけどこの距離なら。というわけで着いたよ。

■ 病院

k

えー?ガラス割られてるの!? 窓から中をみても人の気配どころか。

骨折

売り物件。はあああーーーん!試合終了。オワッタ。
何が原因かは知らないがやってねえええー!! スマホ情報だめじゃん。

「~と言うと思ったwさすがバカ。そこじゃなくて × いしま病院 ○ いしまにある病院」

し、知ってたし!!わ、わざとだし! ここから西へたぶん1キロ未満程だね。

■ その病院に到着

骨折

自転車を停めて正面入り口から総合受付へ。私に気付いた人が駆け寄ってきます。
「どうされました?」ええ、肘を~。「痛かったでしょう?あ、まずは座ってください」

病院の対応だ…まあ仕事なんだけど、この人は本気で心配してくれてるのがわかる。
とりあえず保険証を渡して順番を待つ。ほんと1分もしないうちにさっきの人が戻ってきた。

「犬山リンすけ様、すみません、お待たせしました。
 あのーこの病院は整形外科がないんですよ^^;」

え?えええーー!? 時刻は4時過ぎ。今度こそ終わったかなー。

「外科医ではないんですが一応その診察と言いますか、レントゲン等は可能ですが」
「はあ、じゃあそれでお願いします」

ほうたい

順番待ちで待合ソファにて待機。さっきの湿布のおかげか、結構痛みも我慢できてます。
今度は若そうな看護士さんが近寄ってきました。三角巾がテキトー過ぎるので直して
くれるそうです。密着はあはあとか考える暇も無く、手際よくほんと一瞬な勢いで
直してくれました。ここをこ~して、こ~のほうが楽なんですよ。確かにさっきよりも
楽になった。ありがとう、白衣の天使ありがとう。

んで、少し経ってから今度はご年配の、看護士長みたいな方が話しかけてきました。
「痛かったでしょう?今は大丈夫かな  おや?その三角巾の結び方は~」
どうやらこの結び方よりももっとイイのがあるらしく、変えてくれることに。
密着・・・んー考えないようにしよう。これまた一瞬で手際よく直してくれました。
ここをこ~するよりも、こ~のほうがいいのよ。誰にやってもらったのかは知らない
けど、このほうがいいからね。ありがとうございました。

んで、少し経ってから今度はまた最初の若い方の看護士さんが。「あれ???」
私の三角巾をみて近寄ってきました。「あれ?このやり方はダメですよー!」
んー? 誰にやってもらったのか知らないですけど、もう!これじゃダメ!
何かバトルに巻き込まれてるような、気のせいかな?
これでよし。あのやり方は古いんですよね。こっちのが何とか筋に負担をかけないし
肩の力を抜いて使えるから~とか。個人的にはこっちのが楽に思えるかも。

「犬山さまー犬山リンすけ様ー」   はいはいはーい!
時刻は4時半頃だったかな、夕暮れです。ではレントゲンに行って来ます

【たぶん続く】
| 2013/11/21(Thu) | ブログ | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。