上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ ESCAPEAir ] [ 自転車パーツ系 ] [ その他アイテム ]

■ 携帯空気入れ

giyo

GIYO GM-71 グレー 携帯用マイクロフロアポンプ IN-LINEゲージ付
http://www.amazon.co.jp/dp/B00BAKA1QC/
参考: ¥ 3,129
価格: ¥ 2,000円前後とか

そんなわけで今回は携帯空気入れの話でも。LINK先はブラック黒色、私のはグレー。どうやらカラーは2種類あるみたい。

■ アイテム購入記録ばっかりですねー^^;

giyo

giyo(ジーヨ)なんて聞いた事ないよ!調べてみたら台湾のメーカーらしい。携帯ポンプは色々あるけど、昔持ってた展開しない筒型のは必死にやっても全然空気が入らず無駄に疲れるばかりだった。これはどうなんでしょう?

giyo

本体+付属品。上のはナイロンタイx2本。左下のはホルダー用のベルト:マジックテープ式。これでトップチューブにくくりつけることもできます。

専用ホルダーはボトルケージと同様にダウンorシートチューブにネジ固定できる2穴あり。ただし同じ箇所でケージとの同時使用(※)はできない。

(※ 別メーカー商品ですが、ボトルケージ>ここ>シートチューブのように、間に挟んで横に逃がすタイプのもあります。)

giyo

こんな感じで展開する。片足で踏んで固定できるのが地味にいい。片手でポンピングするタイプ。

giyo
giyogm71

先端側は展開できる。ビニールホースなのである程度は曲がります。

■ 使い方

giyo携帯ポンプ

あれ?空気が入らないのだが? 買ったばかりで別に変なことはしてないよ?買ってきたばかりはこんな状態なはず。

giyogm71

お店で購入した商品にはこの「日本語で書かれた説明書(紙1枚)」がありませんでした。

giyo

爪で取れなければ、つまようじ等でほじくりだして・・・

giyo使い方

よく見たらパッケージ裏側に説明イラストが載ってました。す、すちゃ、すちゃらだー?よくわかりませんが最初は左の状態で、これを右の状態切り替えてみます。要するに英米式→仏式対応に切り替え。

giyogm71

こんな感じでPRESTA状態にして

giyogm71

入れなおせば・・・

giyopump011.jpg

これで仏式バルブに空気が入るようになりました。めでたしx2

■ 実際に使ってみて

giyogm71

展開して使ってみましょう

giyogm71

通常の空気入れよりコンパクトなぶん、ポンピングは結構苦労する。最初は楽に入るけどやはり途中から急に入りづらくなる。しかし「きっつい!」とまでは感じなかった。思ったよりも早く(自分の好きな)値まで入ったのが意外だった。

giyogm71

足で踏めるのが楽。これを片足で踏んだ状態で更に片手でポンピングするには中腰よりも片膝ついてしゃがんだほうが楽かなー。

giyogm71

ホースが曲がるのは便利

パンク修理

空気圧メーター付。作業しながら確認することができます。が、6bar/90psi以上からは急に入れづらくなる感じ。頑張れば8気圧まで入ります。頑張れば!

giyo

自宅用としては、携帯ポンプのこいつ、GM-71を1本だけは厳しいかな。やっぱりメーター付の通常タイプ(サイズ)の空気入れをメインで用意すべき。重くて家から持ち運べないがあっという間に空気を入れられるから便利。速度労力云々では段違い。

giyo 空気が入らない

携帯ポンプは出先でパンク修理=チューブ交換するときに大活躍する。チューブに少しだけ空気を入れて膨らませたいときなど微調整が簡単にできるのが便利。Co2ボンベでもバルブ付のは微調整ができるけど、ボンベは1回だけで使ったらおしまい。失敗したらおしまい。そのかわりボンベは小さくコンパクト。ポンプは何度でも使えるけど嵩張るのが欠点。

ちなみにCO2ボンベの場合は圧縮された二酸化炭素なので「空気」が抜けやすく、あくまで応急処置=修理できる場所まで帰る用。携帯ポンプは通常のエアーなので普段どおり。めっちゃ便利にみえたCo2ボンベを買ったけど、結局この携帯ポンプに戻ってきました。やはりいつでも空気が補充できるのは安心だわ。

購入から数ヵ月後、初パンクしたときコイツのおかげで助かった話はまたいずれ気が向いたら。ってな感じで、GIYO 携帯ポンプな話でしたとさ。これいいよ!一本持っとくべき!
| 2013/10/08(Tue) | 自転車 関連アイテム | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。