上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ 駄文 ] [ 大都会岡山 ]

■ これもすべて実話

骨折

<貯まりまくった写真画像を使って日付操作インチキ上等の自己満足中なわけですが
 全然追いつきません。というわけで、先にこの話でも書いておこう。>

さて2013年10月某日、えーっとモンハン4が発売されて数週間後だったかな。
突然ですが骨折しましたー!って話でも。

■ もしかして 自転車でこけた?

自転車ではない

まあ99割が「アホやwww自転車かwww」な想像されたでしょう。答えはNO
まあ詳しく書くと関係者にバレちゃうおそれがあるので、真昼間にちょっとしたことで
肘が結合崩壊の危機になったのです。お昼休み時間はいいとも!まだ平気だったのに
ごきげんような時間から徐々に痛みアップ。なんだか笑えない感じに腫れてきたみたい…。

さて、時刻は平日の昼1時半前だったかな。駅前にでかい病院があるのでママチャリ
をこいで行ってみる事に。いやはや、この時点で「動かしたくない、ある角度以外は
キツイっす」レベルになってます…。2013年の10月の話ですがまだまだ超★残★暑。
日中は半そでシャツでも平気で過ごせるほど暑かったのです。

岡山済生会病院
済生会

おそらく岡山市民ならご存知、駅西口から徒歩何分な距離にある総合病院です。
「すみません!肘が~」 説明しながら診察券を出すのも結構つらいっす。
「えーっと、外科ですか?」 こっちがききたい。何でもいいから診察して欲しいカナ。
「…本日午後はやってません」 はあ?? 木曜日ちゃうよ??
「外科も整形もやってません」 淡々とクールに。んで一枚の紙きれをくれました。
「そこに電話してください(以上)」  肘の痛みがじわじわと・・・。ああ非情。

繋

もう無くしたけど、岡山救急なんとかセンターの電話番号が書かれた紙だった。
086-***-**** 片手でケータイを操作してかける。まだ外は暑い。きつい。
対応してくれた人ははっきり言って不親切だった。

「駅周辺は済生会以外ではやって無い。救急車を手配する?いらない?じゃあ
 他の病院を教えるから自分できいてね。病院の番号は***ですー」

いやあの救急センターさんですよね?え?ええー? これくらいで通話終了。
この時間でやってる整形外科を調べてくれるのかと思ったのに自力でやれ!だと。
肘が痛すぎて曲げられず、ケータイ片手にメモなんてできませんデスし。

時刻は2時まであと15分ちょっとな昼下がり。この汗は日差しだけでなく…


■ 他の病院と言われても

市民病院もだめ。午後はやってないらしい。この病院から南へ何キロだろうか、
K病院に行ってみろと言われたので自転車で行くことにする。バス等もあるの
だが待ち時間や乗継が厄介。タクシー?このときは必死すぎて痛すぎて・・・

岡山光生病院 最悪

さて、K病院まで辿り着きました。道路側の入り口から、ちょっと歩いた先の左手側に
受付がありました。肘が~の説明をしてお願いしてみます。

「はあ、でも午後はやってませんので~」 ここもか!!

済生会がだめだった、救急なんとかセンターからの紹介だと伝えると、
そんなこと言われても困るんですよね(苦笑)」 鼻で笑われました。マジで。
困るんですよね?確かにこの女性はそう言いました。ここ病院だよね??

救急扱いでいいのでお金払うので、それでもだめですか? こっちは必死。
何言ってんのこいつ的な対応しかしてくれません。いやマジで!
それで外の救急・診察時間外ってあったような?とか言ってたら

「あー、じゃあ一応先生にきいてみますねー」 仕方ねーな顔で内線コール。
「あー何せんせーですか? えーなんか肘が 略 ええ、はい、ですよねー(笑
ガチャン  やってませんっ

「え?だめですか?」
「はい」 ←受付、言っただろ?口調。下を向いて既に書類を書き始めてる
「…そうですか。ありがとうございました」 私は出口コースへ
「…」  ←受付、無言無表情のまま振り向いて奥へ消える

光生病院は最低対応

光正病院の受付おばさん、一語一句すべてそのまんまを書かせてもらいました。すべて実話です。

なあ、病院って何の施設だっけ?困ってる患者を助けるための施設じゃなかったっけ?
交通事故で運ばれてくる急患はしっかり受け入れて対応してるじゃん?あれは儲かる
からOKなのかい?そりゃ別に他人の順番を飛ばして私優先しろ!なんて言わないよ?
順番は守るよ?急患扱いとかやってくれないのは何か納得いかねーっすなー。それとも
あれかな、やっぱ血が流れてるレベルじゃないとだめなわけ?骨折レベルだめなん?
救急車に乗せてもらえば態度が違ったんだろうか?なーんて色々頭の中で考える。
怒りよりも悔しさっていうか、なんか呆れて、とにかく悲しかった。それでもこんな病院
を信じられる?いい先生がいたとしても、こんな対応されたら2度と行かないし

光生病院は最悪だ

光生病院 最悪です

肘の痛みがじわじわと、他の病院でも午後はやってない?もういいや、もう帰ろう。
引きつった顔で肘を固定させながらママチャリのハンドルにそえて安全徐行運転。
歩道の段差のたびに衝撃が肘を襲います。残暑お見舞い申し上げすぎです…アツイ。

【たぶん続く】
| 2013/11/20(Wed) | ブログ | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。