上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ 模型・プラモデル ] [ 痛車 ]

■ キットは「アオシマ なのは痛車/ランエボX」なのです

車

たしか○学生時代にスプレー片手に何個か作って以来、車系は(ロボ系以上に)ド初心者も同然。
改めてスナップフィットの~略ってな感じで、今回は車プラモを組み立てた話。

■ シャーシ

裏側

基本的に黒一色成形。この平べったいシャーシ一枚の四隅にタイヤ基部をくっつける程度のあっさり味。
要するにメカニックな部分はほぼ省略されてるわけね。前輪は左右連動。

マフラー

マフラー先端とホイールなど一部は銀メッキ。えーっと、ここは何て名称なんだろう?このマフラーの
根元タンク()な部分は「シルバー塗料をぶっかけました♪」風ウェルドラインでまくり成形色。

■ 内装

内装

【底】   後部座席ベースに運転席&助手席、ギア、ハンドブレーキなどを接着
【側面x2】 ドアノブ等のモールド入り。左右1枚ずつ
【正面】  ハンドル+ウインカー類、ペダルを接着     ・・・以上、計4パーツを箱組み。

内部

黒一色ランナー。説明書に色指定があるから自分で塗ってね!ってことで計器類もデカールは無し。
訂正:計器の一部はデカールあり御免、あとで気づいたよ。
5M/Tって何?TC-SSって何?MT=ミッションっぽいような、んでTCのSSって何?さーっぱりわかりません。

■ ボディ

ボディ

白いボディは一発抜きをベースにしてライト&ランプ類、前後バンパー系、ボンネット蓋、サイドミラーや
側面の一部を順番に組んで装備させてく感じ。窓ガラスの透明パーツはクリア一枚、裏側から接着する。

実は付属の専用マスキングシールを貼って「裏から黒系塗装すべし」指定があるのです。正面ガラスのフチや
内装天井を塗り分けてないから「ルームミラーがガラスから生えてる」ように見えちゃうのね。

フロント

キットに付属のメッシュを自分で切り出して裏から貼り付け。流し込み+普通のセメントでやっといた。
さすがにここは内部メカニック側をブラック暗色で塗らないと目立つなあ…

後部ライト

銀メッキのパーツに各色ランプ=小さなクリアパーツをはめ込んでいく。これはプラモ箱の中で慎重に作業すべし!
ピンセット推奨だけど弾いて飛ばしちゃわないように慎重に、失くさないように慎重に、慎重にやるべし!
(15分間半泣き捜索でオレンジ色を発見)

よこ

透明クリアのカバーをはめて、流し込みで接着したら完了。

りあういんぐ

ところでリアウイングはどこらへんに装着するもの?ダボピンは勿論、実車と同じくボディ側には
ガイドが一切ない+車の知識もないから全然わからんのです。「後部トランクの開閉を考えろ」かな?
説明書の完成図などを見ながら研究しようと思います。接着+取り付けはデカール後だね。

■ ここまで完成

サイズ比較
おまけのサイズ比較。

全

まったりゲート処理しながら約3時間ほどでブーブー本体が完成。
組み立てるだけなら楽だと思う。ただし、流し込みセメントでピンポイント接着程度ができないと厳しい。

これまた当然あったりまえだけど、綺麗&丁寧に作ったらすげーカッコイイだろうな。自分の愛車プラモとか
素敵だろうな!って、ノリで買ってみたけど想像以上に難しくて中古屋へ…って初心者さんも結構いるんだろうな。
まあ何だ、設定に拘らず好きに塗って好きなデカール貼ってニマニマ楽しむのがいいのかも。ちなみに自分は
大好きなマジックミラー号のプラモが出たら本気で作りたいと思います! 【次回:デカール編1に続く
| 2011/04/24(Sun) | 1/24 リリカルなのは 痛車 | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。