上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ 駄文 ]

■ 無駄に脳を使うシリーズ

灰皿

灰皿キャッチャーの話を書いたのが6月頭ってことは約半年も前なのか、時間が経つのは本当に早い。
http://rinbb.blog47.fc2.com/blog-entry-326.html
また別のお店にて撮影。こーんな感じで灰皿を落とせば景品GETなUFOキャッチャーの話。

■ これもギャンブル

キャッチ水平

台座水平からの撮影。
この写真で言えば左側にアーム爪>持ち上げ>右に倒れる>穴>GETって感じ。
よ~く見ると灰皿は右側が低くてアームがひっかかる左側のが高い。傾いているだけじゃなく右側にはビニールの
カバーが太くなっているのがわかる。たぶん…これのせいで絶対に取れないんだと思う。

キャッチ
アームはこんな感じで片方だけ。
停止後にアーム展開してから垂直に降りて、閉じてから上昇するタイプ。力はまあ強くもなく「普通」くらい。

【正攻法】
アームが展開した状態での先端が灰皿の端っこをカスるように、ギリギリに降りるようにしても
上昇して持ち上げても灰皿の傾きは45度未満、そしてアームが動くときにカラ~ンと音を立てて灰皿は元の位置へ。

【逆に考えて】
アーム展開してから降りるなら、アーム先端を灰皿端っこ・穴側に当てたらどうだろうか?
イメージ的には板の片方に飛び乗ったら逆側の人がピョーンと飛ぶ感じ。さあやってみよう。
答えは「チカラが弱くて無理、アームが当たるとセンサー云々で停止しちゃって空振り」な感じだった。

…えーっと物理的な詳しい事はわからんけど、まぁ持ち上がるけど取れないようには出来てるっぽい。

■ 取れないように絶妙な調整されてるはず
穴

写真のはインチキ罠は無かった。こういうのは端っこに薄い0.2mm幅な透明セロハン貼ってたり、ぬいぐるみ系なら
「頭が重くて無理だった」に見える位置で完全な死角に安全ピンとかね、これは何度か書いたような気がする。
昔は袋いっぱい景品を持ってる客=マニアさんを1度も見かけたことが無い店はアレって判断もできたのにね。


そういえば、ゲーセンの景品法は変わったの?景品は7~900円以下みたいな規則なかったっけ?
パチョンコの換金方式みたいにくじ引き系>交換のワンクッション方式なら直接じゃないからセーフとかあるんだろうか?


景品がDSiやらPSPな時点で「簡単には取れねー」のは確実。それでも夢を追いかけるのは自由だと思いまーす。
私はド貧乏だし、ポイント欲しさにお店で買う派だから、こういうキャッチャーはやんないけどね。
これの実機を見ながら、物理学をまじめに研究してる人に色々と解説してもらいたい!って話かな。
| 2010/10/21(Thu) | ゲーム日記 | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。