上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ 1/48メガサイズ ] [ ガンプラ ]

■ サクサク進む

ボディ

サイズ比較で流し込み瓶。えーっと、ボディだけでHGUCガンタンク本体よりでかいっす。
内部フレームがないからこれまた巨大なHGを作ってる感じだった。難易度もすごい簡単!

■ 一応組み立てまでは完了

斜めから
ゲート処理しながらの~んびりやっても約3時間もあれば充分

ふむ、RX-78-2ですな。ぱっと見だけなら「ちょろっと部分塗装した30thのHG」と見分けがつかないかも。
今回はめんどくさかったから途中経過の写真無し。
ホビーサーチ(http://www.1999.co.jp/10106682)で説明書をみたほうが早いかな。

■ ペットボトルとサイズ比較

拡大(550x700)

1/48サイズは立ってるだけ凄いインパクト。
よくある「子供が嬉しそうに抱えてる写真」っぽく自分ごと撮ったのに私の顔パーツがあまりにも
ブサイク過ぎてせっかくのガンダムが台無しになるってことで掲載自粛に。

■ 顔のアップ

640x480

こっちもクリックしたら画像拡大…しても違いがわかりにくい…。
目のクリアパーツ裏にはめる白パーツにアルミホイルを被せてみた。勿論ラピーでもOKよね。
この子もHGと同じくver2.0系統の顔ですね。どっちかといえば私はver1.5系列のが好みっすわ。
とか言いながら、この顔もしばらく眺めているとカッコイイ判定になっちゃうのが初代ガンダムの凄いとこ。

■ 武器・シールドも一応完了

まず片付け
とりあえず全部つくってランナーのお掃除しといた。

・値段が高いのにバズーカが付属して無いのは残念かな
・モナカ+挟み込み+ヒケが多いので、全塗装派には塗料的にも優しくないかも
・パチ組みで遊びたい人には最高のキット
・関節などの可動についてはドンマイの4文字。お台場・静岡ガンダムみたいに素立ち専用

肘&膝関節にあるマイナスモールド部分は関節を曲げると干渉してしまうのでクリアランス確保は必須。
あとは関節の挟み込みを後はめ工作するよりも、各関節をつくって接着>合わせ目消しのあとに塗装>マスキングして
白パーツを組み立て・接着~の順番で作ったほうが確実だと思う。

…まぁ何だかんだで、プラモを作る楽しさを再認識させてもらった気がするよ。
せーの、メガサイズさいこー! <次回:第4回へ続く
| 2010/09/26(Sun) | 1/48 メガサイズ ガンダム | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。