上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ MG孫悟空S ]

■ 第6回:台座とその他   >前回【第5回:脚の製作】 / >次回【第7回:なんとなく撮影会~最終回

デカール完了

前回やってなかったブーツのデカール貼りから再開。
透明余白のせいで位置がわかりにくかった。最後に貼る部分はマークセッターを少しずつつけて調整。
この画像だと後ろがちょっとずれてるのがバレちゃう><

■ まずはキット専用のディスプレイ台座を作った話

1

はじめに「ニッパー1本あれば作れます!」と書いたのに、台座のネジ締めにプラスドライバーが必要というオチ。
まぁ精密ドライバーは百均でも買えるし家にあるでしょたぶん。で、まずはお尻部分にひっかけて…

2 

腰=帯を固定してるU字パーツと合体させてきっちり保持するタイプ。

ベース 台座

画像2枚目参照/お尻んとこのフックが干渉するのでプラ厚分だけ脚を前に出す必要あり、
ほんとビミョーな差だけどやりたいポージングによっては影響ありかも。
機能的には市販のアクションベース系とほぼ一緒で、違うのは「軸棒が台座に固定=角度がつけられない」くらい。

■ キットに付属の顔パーツは2種類

顔2

画像右下にあるのは「歯と舌」で3パーツ構成。この細かさはさすがMGって感じだな。
(どこぞの蟹座な聖闘士よろしく見事なデスマスクだこと)

ダボ位置

左:通常顔、右:叫び顔用、このように瞳パーツはサイズが違うので使いまわしができません。
せっかく色んなシール・パターンがあるんだから白色・目パーツはそれぞれ予備パーツも用意して欲しかったね。
なので取り外しがしやすいようにピンカット調整したりは無駄なのです…。

顔

眉毛はシールor水転写デカールで再現。ちなみにこっちの顔は派手にデカールを破いちゃったので筆塗り。
似たようなイエローなら何でもいいと思う。全塗装するなら眉毛ラインを掘ってマスキングガイド>塗装
>スミ入れの順番が安全かも。

そんなわけで全工程終了! 次回の【最終回:なんとなく撮影会】をやってからキットを渡そうと思います。
| 2010/06/08(Tue) | 1/8 MG 超サイヤ人孫悟空 | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。