上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ MG孫悟空S ]

■ 第2回:頭部の製作   >前回【第1回:ボディの製作】 / >次回【第3回:両腕の製作


伝説の

改オープニングのスーパーサイヤ人+気爆発してるシーンがかっこよくて好きです。最近のはS悟飯になっちゃったな。
ちなみに、箱の完成見本の写真はグラデ塗装してあるのでキットをそのまま組み立てたのとは全然違うのです…。

■ 頭部

金髪

前髪以外の金髪パーツ。

まえ斜め上から うしろから

ランナー初見では安っぽい感じがしたんだけど、いざ組んでみるとこれはこれでカッコイイかも!
ここでは各ピンがどの穴に入るのか、焦らずにまっすぐ・ゆっくり組み上げるといいと思います。

形状的にパーティングラインと合わせ目が出ちゃうのは仕方なし。
ピン裏などにちょっと気になるヒケが多いので塗装派の人は頑張って処理してくだしあ。

■ 顔

顔 シールとデカール

これとは別の「叫び顔パーツ」についてはもっと後で書こうと思う。
顔の内側は空洞になってて後ろ側から見ると目立つからエポパテ等で埋めて調整するといいかも+やるなら要塗装。
目のパーツは別表情とは付け替え交換できません…。これもまた後で書くことにする。

マーキングシールと水転写デカールが付属。ノーマル悟空と違って胴着の(亀)マークなんかは当然ついてません。
右半分のは「汚れ・ダメージ表現」用で、フリーザ戦の再現っぽい状態をやりたい人には便利かな。
目のパターンは正面と左右に加えて瞳のグリーンのみパターンも数種類ついてるから自分でアレンジできるよ。

なんとか

目はシールのほうが楽だと思う。デカールを使うなら透明余白を切り取るかマークセッター系を使わないと無駄に難しい。
眉毛も同じく付属シールで充分いける。端をあわせてゆっくり慎重に貼るだけなのです。
微妙に右側の眉が上がってる=右目のほうが大きい=左右非対称になってるみたい。

今回は眉だけ水転写+セッターを使った。説明書どおりに眉毛の上端ラインに合わせてから下をぐるーっと巻き込む感じ。
マークセッターをつけながら綿棒でゆっくり力を入れず、気泡とシワを作らないように伸ばしたら馴染むまで様子見&放置。
無駄に力を入れると破れるかもね。まぁミスっても黄色系の塗料と筆を買ってくれば何とでもなります

■ できあがり

ちょう上から 後

前髪パーツをつけて頭部~顔が完成。この時点でランナーCは廃棄OK。
やはりスミ入れしないとのっぺりしてますなぁ。ちょいとおでこ~頭頂部が気になるがこんなもんか?

そんなわけで、次回の【その3:両腕の製作】に続きます。
| 2010/06/06(Sun) | 1/8 MG 超サイヤ人孫悟空 | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。