上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ ラーメン ] [ 天下一品 ]

■ 京都でみつけた濃厚中華そば (エースコック)

お昼ごはん

以前から気になっていたこのカップ麺にいつか挑戦したいと思ってまして、立ち寄ったコンビニで228円でGET!
天下一品好きには見逃せないでしょ…家に帰って早速食してみたという感想(レビュー)な話。

■ パッケージ

横から
噂によると最初は天下一品カップ麺で出す予定が許可が出なかったのでこの名前に変わったとか?
まずはパッケージ横からの写真です。それにしても京都のどこで見つけたのか気になりますね!

そういえば私も京都の三条大橋にて、某友人の(当時の)彼女さんが別のイケメンといちゃついてるのを
見つけたことがありますが今回はまったく関係ないので省略しときます。


■ パーツ紹介~基本工作など

ボディ パーツ類 最終調整完了

1)まずはボディ、どうみても標準的な乾麺です。特に弄る部分がないのでこのまま製作します。
2)袋は4種類。
 かやくは乾燥ネギ、メンマ、チャーシュx1。右上の粉末スープはいつもの感じでした。
 左下の紫は濃厚醤油っぽいタレ。右下の銀色はペースト状で「こってりの元」みたいな感じ。
3)すべての基本工作も終わったのでこのあとお湯を入れて4分待つことになります。


■ 完成

お湯を入れてから約4分、かためん好きなので3分20秒くらいから仕上げスープを順番に投入して出来上がりました。
ちなみに、最後に入れる銀色スープ袋の中身はペースト風なのでフタの上でしっかり温めないと苦戦してしまいます。
ストレート組みでちょっぴりカラー的に単調ですが、個人的には満足な仕上がりになったと思います。

完成

気になるスープは【こってり】~【こっさり】の中間という感じがした。
濃厚とんこつスープながら意外とまろやか系でしつこくない! 個人的には銀色袋のペーストをもう一袋ぶちこみたいような・・
紫袋=醤油ベースのラーメンタレ的な存在なので、入れる量を調整したら当然しょっぱさも変わる。

■ 麺はこんな感じ

めん
パッケージ写真と違ってスープはそこまで絡みませんが味はしっかりしております。写真撮る暇があったら食えばいいのに。

■ やはり〆はご飯をぶち込んでのおじやモードでしょう

おじや
「おやじ」じゃないです、おじやです・・

お店では人目が気になってやりづらいのですが、おうちの中では何しても大丈夫な点が良いですね。
そういえば食いに行ったら毎回ラーメンタレを軽く2回転するのですが、これには入れなくてもいい感じ。

■ まとめ

・量は標準レベル、特に文句は無し。
・最近はカップ麺でも定価で買えば200円近くなので(無駄にケチな私でも)高いとは思わない内容
・お湯を少なめにしたら更にこってり感が出た
・麺がスーパーカップみたいな感じで惜しい。日清の生麺シリーズみたいなのだったら合いそう。値段的に云々
・やはり天下一品っぽい味。完全再現というわけではない。でも美味しいので何杯も食ってみたり。

以上です。今後も立派な作品が作れるように精進していきたいと思います。最後まで読んでくれてありがとう!
ランキング類には参加してませんので、どこか他のブログさんのを適当にポチっと押して協力してくださいね!
| 2010/02/20(Sat) | ブログ | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。