tag [ R-1(1/144) ] [ 完成 ]

■ 1/144 R-1 製作記もついに最終回 

1/144 R-1

【キット】   コトブキヤ スーパーロボット大戦OG(SRWOG)シリーズより
         1/144  [REAL PERSONAL TROOPER TYPE-1] R-1
【購入】    たぶん2008年春頃くらい
【製作期間】 09年夏頃 →多忙の為 The 放 置 →2010年1月から塗装 →24日やっと完成

■ まずは正面とか ↓何枚かはサムネイルで

正面 

顎引きでもフェイス部分がはっきり見えるように。http://rinbb.blog47.fc2.com/blog-entry-199.html
これでも肩の外側を少しだけ削って小型化してるんだが、まだまだでっかいなー。

■ 斜めからのアングル

シールド側 横顔とか

こうやってみると、やはり腰のリボルバーの薄さが目立つが勿体無い。

■ 真上から

上から

肩のとこで接続してるブースタ2基が干渉したり、腕を上げると位置が下になる等はデザイン上仕方なし、か。
ウイング基部はポリ製なので真鍮線を仕込んだりでの強化は必須! PCのままだと確実にへたると思う。 

■ 背中から 

背中  ウイング動きます 

肩アーマーの内側は「レッド」で塗装。キット説明書の見本はよく見たらパテなどで完璧に隙間埋めされてて笑った。

■ 使ったカラーはすべてMr.カラー  (つや消しフラットベース混ぜ)

顔うつせばよかった また同じような

【白】    …ホワイト+ニュートラルグレー少量
【青】    …コバルトブルー +ホワイト少量+パープル少量+グレー微量+インディブルー微量
【黄】    …GXイエロー+橙黄色
【赤】    …GXハーマンレッド+ホワイト微量
【グレー】  …ファントムグレー(Gカラー)
【スミ】   …ジャーマングレー+つや消し黒微量   これは濃くし過ぎたと反省してる
【コート】  …スーパークリア→つや消し+クリア少量の「半光沢」

最初は0.5mmトリガーの感覚がわからず、スパクリ多目で半光沢風にやってみたら予想してた以上に艶が出た…
そしてコート表面が微妙にあれちゃって正直ちょっと後悔してる。先に練習すべきだったかも。
右の写真は照明をきって暗めで撮影してみた。この写真だけシャープ+1補正がかかってる

■シールド

シールド

結構がんばって軽量化したものの、肘関節はゾルなんかで強化すればよかっただけカモ?

■ 反省点などまとめ

ドライブースでサイズ比較

・わざわざスジを彫りなおすなら最初からまっすぐ丁寧に! 修正するのに時間がかかった
・それでも細部がまだまだ粗い。このへたっぴめ!後悔するなら(ry
・細かい部分のマスキングのコツがわかった気がする。プラモの塗装は楽しいことなのですね
・まだ厚塗りの癖が直ってない! 塗料の濃さなどは把握できたので次から気をつける  などなど

そんなわけで1/144 R-1の製作記はおしまい。お疲れ様でした!
| 2010/01/28(Thu) | 1/144 R-1 | Comment(-) | 編集▲TOP