上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ 自転車パーツ系 ] [ その他アイテム ]

■ 超期待!

ポディウムアイスのレビューな話
ポディウム・アイス (クリムゾン色)/ 容量620ml、定価3,600円(税抜) 
(↑ チルの旧型キャップ&別売り蓋キャップに交換して使ってます。)

CAMELBAK公式サイト
http://www.riteway-jp.com/pa/camelbak/18892050.htm
cyclowired.jp
http://www.cyclowired.jp/lifenews/node/159491
>保冷機能のないボトルに対して約4倍、一般的な保冷ボトルに対しては約2倍という圧倒的な保冷機能

今頃やっとポチって実際使ってみた話でも。

■ 実際に使ってみて

002
003

ジェット噴射も今までと変わらず。右手の親指にフィットするようにボディ側面に斜め型へこみがあって持ちやすい。容器の全体サイズはポディウムビッグチルの750mlと長さは変わらず、ボディ外周は少し細いがケージの使用感はほぼ一緒。ただし内容量が620mlと少な目みたい。おそらく夏場はこれ1本だけでは物足りない予感。

アイス
梅雨明け前のまだ夏本番じゃない7月上旬

朝8時半過ぎにポカリ+たっぷり氷を入れて出発。気温25度ほどの曇り空&たまに晴天なコースを2時間ほど走った頃の状態。まだ氷が残っていて中身は冷たい。一緒に走ってるFELT君の普通のポディウムチルの氷はかなり前に全滅、すでにぬるくなってる。

podeaisu00k002.jpg

それから軽く休憩して20分ほど走った頃、気温は27度弱くらいの晴天。

アイス

開けてみると氷が全滅。それでもまだ中身は少し冷たいけど時間の問題だった。約2時間半くらいは残ってたのかな。真夏の炎天下では今回以上に早く溶けちゃうのかーと考えると感動するほどじゃないカモね。これ以上は水筒系を持ち歩くしかないのかな。

004

本体は保冷機能の何とか構造で囲ってあるけど底部は何もなし、キャップは他シリーズと変わらず。
ところで2015年モデルな新キャップ用の蓋つきキャップ別売りはまだですかね?新型になっても蓋がないから飲み口丸出しですぐ砂埃系が付着するし、握ってジェット使用するにしても衛生面でナンダカナーなのよね。発売待ってまーす。

ビッグチルの2倍以上もする値段には不満はあるが「溶けにくい」をどう感じるか、個人的にはまあ何とかありじゃね?判定にしとく。もう少し安ければ絶賛側だったかもしれない。今年はこれメインで行く予定で、凍らせて冷水を自分にぶっかけ用とかでもう一本買っとくべきだろうけど専用ボトル2本で8千円かぁ…てな感じで、ポディウムアイスな話でしたとさ。
| 2015/07/02(Thu) | 自転車 関連アイテム | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。