上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ 自転車パーツ系 ]

■ ケーブル交換

SHIMANO(シマノ) SUS シフトインナーケーブル交換

ケーブル根元が断線しまくってたみたいでしっかり引けない=切り替わらなくなった。このネジ周辺を触った記憶が無いし、フロントはあまり使ってないのになー。自分の走ってるコースなら2(38T)固定のまんまでもとくに問題ないけど一応直しとこ。というわけで、シフトケーブル交換でSRAMを分解&組み立て直す話でも。

■ 用意

s

SHIMANO(シマノ) SUS シフトインナーケーブル [Y60098911] 2100mm×φ1.2mm
http://www.amazon.co.jp/dp/B005CMYJS0

シフトケーブルって意外と安いのね。

s

ワイヤーカッターとアーレンキーは必須。中央のプライヤーはあれば便利。なくても大丈夫たぶん。

■ では作業開始

s

とりあえずフロントディレイラー側のボルトをゆるめてワイヤーをはずした。

s
13-14年モデルでおなじみ、SRAM インパルス。

ハンドル側についてる「切り替え」をはずす。アーレンキーでネジをゆるめて…あれ?外れない!? それもそのはず実はネジは3本ありまぁ~す。最後の一本は裏側に隠れてるからハンドルから抜いて外さないと発見&作業ができません。

s

3本目のネジを外すと本体カバーがカパっと外れる。

s

シフトケーブルはここから抜いて取り出す。

■ ESCAPE系のSRAM 分解&組み立て編

SRAM分解

あっ    部品分解バラバラ…オワタ…

ほんとデジカメで撮影しながら作業しててよかったと思いました。

1

まずは新品ケーブルをさっきの穴から差し込んでから、この「渦巻き型」の先端を写真の位置にはめこむ。たしか穴があったはず。

2

次にこの「赤色プラスチック部品がくっついてる針金パーツ」の先端を写真の位置にある穴にはめこむ。このとき赤色プラスチック部分はプラプラしたままでOK。

3

「黒いカバー」をこんな感じで上から重ねてはめて・・・

4

赤色プラスチック部品をここにはめる。

5

「カーブしてる針金」は三角側を「黒いカバー」のこの穴に、「赤色プラスチック部品」にある突起にカーブ部分をひっかけて

6

先端はこの位置にある穴に。これで内部のプラスチック&針金系パーツは組み立て完了。

7

インジケータ、表示部分を取り付けてから

8

本体カバーをはめてハンドルに取り付ける前にネジ3本を締めて完了。

■ あとはケ-ブルだけ

9

アウターケーブルは今まで使ってたものを再利用してもいい。錆泥などの汚れを掃除&内部にメンテルーブを吹いてメンテナンスもやっておく。

10A
10B
汚れてるなあ><

BB裏にあるガイド部分にケーブルを通す。忘れず穴を通過させること。

11
12
13

順番に通して締めて完了。でもケーブルをカットするのはまだ早い!!

私個人のやり方では、シフター表示の1or3の状態で締めてレバーを押して切り替わるかをチェックしながら調整した。重すぎて押せないなら緩めるべし。

ゆるすぎて切り替わらないならケーブルをひっぱって締めるべしの繰り返し。

※ 極端にガッチガチに締め付ける必要なし。意外とゆるいよ。
※ アーレンキーでケーブルを固定してるネジを緩めるor締めてケーブルの張りを調整するだけ!
※ フロントディレイラーのネジ云々は一切触る必要はありません!! 下手に触ったらだめよー
※ あとはがんばれ! 無理ならお店へw

納得できてからケーブルをカット&先端に付属のキャップをかませて全工程完了。ド疲れ様でした。まあ実際にやってみると、やり終えてみると簡単だね。てな感じで、フロントケーブルを交換した話でしたとさ。久しぶりに使った28Tがめっちゃ軽くて笑いが出た。調子にのって踏み込んだら軽く前輪が浮きかけたのは内緒だ><
| 2014/12/08(Mon) | GIANT/ESCAPE Air | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。