上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ CAAD10 ] [ 自転車パーツ系 ] [ ハンドル関連 ]

■ ド素人の奮闘記

cangren

というわけで、今回はうちのCAAD10のバーテープを交換する話でも。何色がいいと思う?何色が合うと思う?安定のブラック継続?それとも別の色にする?

■ YABU-RE-TA

cangren1409x001.jpg

これは数週間前、9月上旬頃の状態。このあと徐々に満遍なくボロボロに。ちょろっと見えてる下地のクッション?部分も仕舞いには千切れリーチ、こうなると交換するしか。カーブのとこは立ち漕ぎ(ダンシング)時によく握る癖があるから激しくボロってる。下ハン部分は親指側よりも前方が適度に。力を入れすぎなのかなあ。もしかしてグローブの生地(何ていうの皮じゃなくフエルト生地みたいなアノ・・)も関係あったりするのかな。あれを使い始めてから急に損傷が酷くなったような?

■ バーテープ

cangren

Cannondale(キャノンデール) プログリップ /グリーン
http://www.amazon.co.jp/dp/B00G46U342/
価格: ¥ 3,132(税込み=2900+8%)

can

気に入ってたCAAD10の初期装備バーテープとまったく同じものをリピートしたかったのにあれは出荷時限定アイテムらしく、メーカー部品注文もできないらしい。がびーん。そして似たような感触の、ちょうどこの夏に新発売されたコレにたどり着いた。三千円。軽く値段にビビる。今まで使って見慣れてるブラックにするか最後まで悩んだがFELT君の意見もきいてイメージチェンジもいいかなーとこれに決めた。

cangren

1つ上の写真にて、「バーテープの感触がわかるように箱の側面に一部が出てるのは親切だが店頭で触られまくってるのは~」とか思ってた。大丈夫!それはサンプルです。こんな感じで実際に使う左右2個分とはまた別に入ってるのね。

エンドキャップ付き。これはプログリップ限定アイテムかと思ったら実は千円ほど安いマイクロファイバー版にも同じのがついてるのね。付属せずでもう少し安くしてくれても。バーテープ本体はC3ハンドルバーではちょうどよさげな長さだった。少し余らせることもできたがブラケット裏の金具隠し用をカットするほどの余分は無いような。

■ これ以外に使ったもの

ビニテ

ビニールテープはコンビニで買ってきた。たしか98円。これとハサミを準備。

■ はじめての

can

まず今までお世話になりました古いバーテープを剥がして、それからクリーナーやらで粘着部分やテープ跡をしっかり拭き掃除するらしい。

can

バーテープの裏面中央に粘着テープが貼ってあるので保護シールを剥がしながら巻いていく。これを適度にハサミで切り離しながらじゃないと、くるくる巻き付いて邪魔で仕方なかった。

cangre
基本どおりエンド側から、右手側なら反時計回りに…。

【参考】 バーテープの巻き方 パーフェクトマニュアル
http://www.cb-asahi.co.jp/html/mente-bartape2.html

正直はじめは「なんで端っこだけ中途半端にあるの?Cロゴいらねーだろ!」とか思ってたが、ロゴが隠れないで大体どれくらいの幅で巻くのか等を考えやすくて、これのおかげでコツ・間隔がつかめた気がする。終わってみればどうせなら一部だけじゃなく全部あってもいいのでは?と思うように。単純乙。

cangre

テニスラケットのグリップは自分でやってたなーと思い出しながら作業。でもバーテープは別物だね、こっちはカーブあるし綺麗に巻くのは難しい!基本的には上側1/3を重ねるのね。綺麗に間隔をキープするのも難しい。まあ初めてだから完璧じゃなくても仕方ねーっすよ。自分に甘い。

■ どっちがいい? その1

can
can

付属のロゴ入り白テープはなんだかクドい&合ってないような気がして安定の黒ビニテだけ巻きました。上ハンを握ってまったりリラックス走行するときの親指の感触云々な好みを考えてビニテ付近は自分流()で少し厚めに。なんだそれ。

・・・あ、やっぱりバレた?

何度か剥がしながら調整しつつ巻きなおしてたら所々粘着テープが剥がれてしまって分離。戻した粘着テープがダンゴ状態になったりで写真みたいに凸凹になってた。だめだこりゃ!と思い切って粘着を剥がしながらの「粘着テープ無し」にして再度巻いてみたらその感触がストライク。除去しながら巻き直し!粘着テープが無くてもフツ-にしっかり引っ張りながら正しい方向に巻いてたら基本的にはほどけることはないらしい。


■ どっちがいい? その2

別売り
付属
【上】別売りエンドキャップ(2個セット1,000円) /【下】バーテープ付属カラー版

今まで使ってた緑も気に入ってたけど、このカラーに合わせるならやっぱ下だよね。「巻き始めはハンドル内側に折って巻き込む用に少し余らせとくべし。」もちろんそれも調べて知ってたつもりだったのに、余らせた部分が少なすぎてうまくエンドキャップで塞げず最初からやり直したりもした。逆に余らせすぎて全然入らなかったり、これらの失敗経験のおかげで左側はスムーズに完了。

■ どっちがいい? その3

can

ブラック VS グリーンはどっちがいいと思う?正直なとこ、この時点では「うわーやっぱ黒にしとくべきだったかも」だったw ここまで来たらそんなこたぁ言ってられない。さっさともう片方も交換しちゃいましょう!

■ イメージチェンジ成功

クリックで拡大
一応クリックで拡大

バーテープ交換完了!

can

これでもか!ってくらいグリーンですねー。右側のビニールテープ太すぎドンマイw まあ一応巻きなおして上ハン側のデコボコ状態も解消できたよ。

can

「端っこだけのCロゴがなんかダサイ」  → 前言撤回、これいいじゃん気に入った。これも綺麗に巻けてたらロゴの間隔etcがビシっと整列してたりする?どーでもいいか。感触はやっぱり初期装備のに似てる。素手で握っても滑りにくいし、個人的には「当たり」だと思う。まあ値段だけがアレかなー。

can

ブラケット裏の金具周辺用のカットは無し。やっぱブラケットの周辺が難しいなあ。(カーブ周辺だけは1/2ずつ重ねたほうが~ってのを後で知りました。)これでも親指側の邪魔になってないし、レバーも握りやすいと感じたので自分的には合格判定。これも最初はよくみたら隙間があいてて苦笑しながら巻きなおした。カバー(ゴム)の突起位置やらケーブルのとこやらをカットしたりと地味に頑張った。

cangren

シナプス用のグリーンも同じく、やっぱバーテープ側のグリーンのが濃いのよね。どうしても差が出て目立ってしまう。これも使い続けていくうちに、かな。

cangren

今までずっと黒テープで見慣れてるせいかほんと最初は違和感バリバリだった。でも他の人に見せたら緑のが好評だったりで、自分もだんだんこの緑に慣れてきて「これもかっこいいじゃん」評価にw これぞキャノンデール色なグリーンは目立っていいね。

ロード購入時に一緒にバーテープを緑に変えてやる予定が最初の黒が気に入ってそのまま中略、あれから半年ちょい経過した現在やっとグリーンになりましたよ!てな感じで、バーテープ交換した話でしたとさ。

■ 追記

バーテープ

仕方がない話だが、使ってくうちにやはり汚れが目立ってくる。黒色だと目立ちにくいだけでアレもかなり汚れてたんだろうな。それでも遠くからだとわからないし、使い心地は全然変わらず。かなり気に入ってる。
| 2014/09/24(Wed) | CAAD10 (2014) | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。