上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ 自転車パーツ系 ] [ タイヤ・ホイール関連 ]

■ 結局こうなりました編

conti4000s2

というわけで、コンチネンタル4000SIIに交換する話でも。

■ 今まで使ってたタイヤは

conti4000s2

初期装備のシュワルベ ルガノは「限界まで使ってやる!」つもりだったが、先日のガラス片を踏んだ日から軽く50km弱ほど走った翌日に後輪だけが空気ゼロのぺちゃんこ状態になってた。どうやらパンクしたらしい。これが初めてだった。

ガラス片で開いた穴にまた別の金属片が刺さってた。貫通穴はかなり小さめながらまあそれなりに前後が磨り減ってるし、チューブ交換するついでに、そろそろ別のタイヤに変えようかなー試してみたいなーと。ルガノは約2,000kmちょいで交換けってーい。

■ 定番タイヤ

conti4000s2

continental GRAND PRIX 4000S II  /定価7kとか

ルガノはamazonで2500円、Wiggleでは1500円と激安だけど+送料がかかる。どうせならもっといいのを使ってみたい→4000Sを買ってみるかー!

conti4000s2

どこぞの通販(実店舗あり)にて4980円で購入。前後=2本の合計1万円ほど。数ヶ月前にIIではないSを検討してたけど値上げされちゃって同じような価格になってたもんでIIにした。サイド側面がグリーン色のが欲しかったけどWiggleもネット通販系も在庫なし入荷待ちなもんで無難にブラックxブラック。

conti4000s2

すごい!かなり軽い!しっかし、薄い! ド素人初心者(私)はこれで大丈夫なのか!?きちんとホイールにはまるのか!?とかちょっと心配に。

■ 装着・・・するも・・・

conti4000s2

なんだ簡単じゃん。従来のワイヤー入り(ビード)のと比べると柔らかかくてはめるのも楽だったなー。タイヤのスリット以外にも側面に進行方向指定の矢印があるのね。

4000s2

あれ?空気抜けてね?! 外してみると小さな穴が…パンクしてるっぽい。とりあえず予備チューブをもう一本使ってタイヤ交換するもまた穴を発見。というか、タイヤをはめてる最中にプシュー。 なんでー!?

conti4000s2

…原因は「噛んだから」です。正確にはタイヤレバーを使ってタイヤをはめようとしたからです。4000Sは装着も外すときもレバーは必要ありません。手だけで充分なのです。レバーで強引に入れようとしてチューブをひっかけたせいです。最初にルガノでパンクしたKENDA1本とレバーで自爆した2本が無駄に…。

 ホイールの種類にもよる。ZONDAさんでは不要。

■ 自分用メモ

1

1.タイヤ4000Sの片側だけホイール(リム)にはめる

※超即席イメージ図。まあ細かいことは気にしない。

2

2.バルブを通してチューブをタイヤの内側へ収納する。ここでほんの少し空気を入れるのがコツ。

3

3.バルブ付近辺りから順番にタイヤをはめていく

4

4.上の図のように、人差し指~小指の4本はタイヤをリム中央側へ巻き込んでタイヤを軽く回転させるようなイメージで使いつつ親指をしっかり押しこむ。これでレバーを使わなくても余裕ではまる。  

5

5.終盤辺りできつくて無理!になるカモ。きっつい周囲(タイヤ側面からみて)だけでなく、その左右を満遍なくしっかりと押しこみながらキツイ部分へ・・・。

4000s2

「タイヤを外すときも一緒だよ、レバーを使わずできる。とにかく押し込むんだ。」

超基本知識なのに、わかってたつもりで全然わかってなかったのね私。おばちゃん、すんませんしたぁー!!

■ 実装実走編

4000s2

まさかのチューブ連続自損事件発生で持ってたチューブが全滅。あ、そうだ!「俺も軽いのに交換したい」と言ってたFELT君のためにチューブ2本を注文したんだっけな。あれたぶん変えずにそのまま残ってるはずだ。ということで、無理矢理に穴だらけのチューブ(画像右端w)を応急処置()して走って移動。やはり箱のまま手付かずで保管してあったので借りることにした。後日R'Airを買って返しといた。

4000s2

そうそう、この穴は交換時期チェック用に最初からわざと開いてるのよね。これが見えなくなるくらいにメーカー目安の約4800kmほど走って減らしたら交換しろよ!らしい。「なにそれ不良品じゃね!?」 いや違うんよ。箱にも書いてあるよ。

4000s2

おおーグリップいいね。しっかりガッチリと地面をグイグイ進んでくれる。物理云々細かいこたぁよくわからんけど、踏んだ分のパワーが逃げてないというか…無駄なくダイレクトに走ってくれる感じ。

「硬い」と聞いてたけど、R'Airの軽量チューブと合わせて使ってるせいなのか、乗り心地は悪くない。すげー軽い!気のせいか平均速度も少しだけ上がった気がする。坂も以前より「踏んだ分だけガンガン進む」感がすごくなったような。まあこれはド素人乙でいいんだけど、なんか今までとは違うよねーが感じられたので結果変えてよかったと思う。

gp4000s2 サイズ表

V3nの700x23c設定は2096のままなので、忘れないうちに、サイコンのタイヤ周長設定を変えておく。4000s系は23cで2122mmらしい。

4000s2

てな感じで、結局4000Sに交換したって話。なるほど、人気の理由がわかった気がする。
| 2014/07/25(Fri) | 自転車 関連アイテム | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。