上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ CAAD10 ] [ 自転車パーツ系 ] [ タイヤ・ホイール関連 ]

■ カッコイイは正義!

CAAD10 ZONDA

RS11ホイール如きでは私の超剛脚には役不足(誤用)だ!なーんて、冗談が通じない人に怒られそうなネタはおいといて、単純に「とにかくこの見た目に惚れたから」という理由等で新しいホイールを買ってみた話でも。

■ 海外通販

wiggle 届くまで

http://www.wiggle.co.uk/

増税前にアルテホイール通販を見送った約一ヶ月後=4月頃からSALEで安くなってた。お小遣いの予算的に5月になったら買っちゃおうかなーと考えてたある日、丁度このブログを書いてた夜中に見たら急に値段が下がってた。今しかない!とクリックして画面切り替え後に、なんと手続き中に売り切れ表示で買えず><

そのあとしばらく品切れ&再入荷するも即完売が何度か続き、あのときみたいな値下げがないまま数週間。んで再入荷した5月20日(火曜日)分で覚悟完了。注文確定。出荷されてヒースロー空港からOUTWARD国外の日本に向かってCustoms関税で1日止まって約1週間。だいたい予定通り、27日の夕方頃に届きました。FELT君と吉備高原を走った前日には届いてたけど、RS11をたっぷり楽しんでから交換しようと思い、交換を1日見送り。

wiggle配達

うちまで届けてくれたのは日本郵便さんだった。商品を受け取るときに消費税1900円+税関通行手数料だっけの200円=合計2100円を配達員さんに現金手渡しで支払い完了。Wiggleではカードで支払って、それとは別に配達員さんにも払うわけね。この2100円という金額はネットステータスやメールなどでも告知無し。知らないとびっくり?

■ かんぱ!

zonda

Campagnolo - Zonda クリンチャーホイールセット/ブラック SHIMANO Freehub 
http://www.wiggle.jp/campagnolo-zonda-クリンチャーホイールセット/

うちのCAAD10はコンポが旧105(10s)なのでSHIMANO Freehub版を買った。私がポチった5月下旬はセール価格で¥42800くらい。これに会員登録でもらった約800円引きバウチャー使用、それに上に書いた消費税などの合計で結局44000円ほど。(まあ一時は38まで下がったけどタッチの差で買えなかった。数千円てデカイよね><)日本のお店で買えば5~6万円。メンテ云々の都合も考えたが1万円差はでかすぎる。購入後に一度セール終了で498に上がってたけどまた最近セールで値段が下がってたり円高円安以外でもコロコロ変わるのね。

zonda

箱、大きい、軽い。

zonda

そういえばホイール買うのは2回目か。

zonda

うちもついに…カンパニョーロ!

zonda

フロント。持った瞬間にわかった。「すげー軽い!」 RS11が重く感じるほど。

zonda

リアのデザインがかっこよすぎる。

zonda

大丈夫なのかこれ?!  ロードレース出場するような人は細い人が多いような?調べてみたら問題なさげっぽい。まあ超ヘビー級とかおデブさんを除いて、そう簡単に潰れるわけがないだろうけど私=ド素人さん視点では心配しちゃいますカモ。

zonda

MEGA G3、数年前のVerUpから更に剛性耐久性が強化されたらしい。へえー。特殊なスポーク構成なのにこのホイールの評価のひとつに「耐久性も良し」とよく書かれてる。だいたい前後で約1550kgほど、RS11よりも約500gほど軽い。私みたいな初心者が好む、性能の割りに安い、耐久性など、バランス&コスパ面でも優秀。

(このセール価格なら、値上げされたアルテのたった数千円差でひとつ上のグレードが手に入るわけだ。約10万円近くのデュラエースは今は手が届かない・・・というか今はそこまで必要ないような?その半分以下の予算でこの性能なら文句ないだろー)

zonda

出荷前のチェック表。そういえば某スレのログを読んでたら私より数週間前にこれを注文した人の「ダメージあり&リタッチ痕ありの不良品?が届いた」報告があった。外国の人は日本人と違って、「走れたら商品としてはいいだろ?そこまで細かいことは知らねー」的な考え方かもしれないね。心配してたけど特に問題なし。

■ 付属品

zonda

紙袋。

zonda

クイックx2付属。

zonda

ZONDAは11s対応! うちに来たシマノハブには「11 SPEED」と印字してあった。んで、9S/10Sのスプロケでも使えるようにスペーサーが1枚付属。これはまた後で。写真右側のは磁石と小型ネジ、これはニップル交換のときに磁石で誘導するときに使うらしい。経験が無いから詳しいことはわかりません><

…このほかは付属品なしだった。あれ?専用ニップル回しや専用スポークホルダーがついてるってどこかで見た様な?!あれ昔のだけなのかなあ・・・(そうだと思いたい)

■  では換装開始

zonda

どうやらZONDAはリムテープ不要みたい。タイヤとチューブはこのまま装着でOK。

zonda00cl013.jpg

まずは今まで使ってたRS11からスプロケを外して、ハブについてる2枚のリング=スペーサーをとりあえず回収してみた。

zonda10510s

そのうち1枚は黒色、これはCAAD10が最初に装備してたホイール、RS11の付属品なのでZONDAでは使いません。RS11と一緒に保管しときます。

zonda10510s

RS11からはずしてきたこっちの薄いのは105 スプロケについてたスプロケ用のスペーサー。こっちはZONDAに装備させるときに必要みたい。

zonda

そしてこれがZONDAホイールに付属の、さっきの袋に入ってたスペーサー1枚。

zonda105

というわけで、10速105スプロケを11SハブのZONDAで使うためにはこの銀色+薄いの=合計2枚を使うらしい。

zonda10510s

こんな感じで、2枚を装備してからスプロケを順番にはめていく。

(銀+黒ではだめです。たった数mmでもサイズが違うので使えません。3枚とも装備したら?完全に接触してホイールが動かないらしいよ。)

■ ホイール交換後は忘れずに

zonda

ホイール交換後は前後ブレーキも再調整しておいた。クリアランスは微調整、殆ど変わらないかも。

■ 実装

zonda

タイヤは先日ローテしたばかりだし、一応寿命まで使う予定の初期装備ルガノを継続。ホイールとタイヤのロゴはこんな感じで位置を合わせたらいいのかな?装着前に各45度ずつずらした配置もやってみたが何かチガウ…。まあバルブ位置がどーとかに拘る人も要るみたいだが、基本的にタイヤの前後の向きさえ合っていればあとは何でもOK、好きにすればいいみたい。

zonda

クイックも殆ど見た目が違わないのにかっこいい。

zonda

G3かっこよすぎワロタ。RS11と比べてたしかに軽くなった!漕ぎ出しも文句なし。よく転がる。速度キープしやすく交換前より更に快適になってると思う。たぶん。「まるでギアが1枚軽くなったようだよ!」と言いたくなる気持ちがすげーわかった。プラシーボでもいいじゃない。とにかく約500g軽量化は私でもわかる程にすごい変化だったぞ!といちいち感動中。

しかし、坂道は以前とあんまり変わらない。グイグイ進むぜー!なんてことは無かった。

まあ少しだけ軽くなったカナ?でもギア0.5枚分ほど軽くなった気がしないでもって感じで私レベルでは劇的変化までは無いように感じられた。のぼりはエンジン次第か?

zonda00cl020.jpg

自転車で走ってる最中に脚をとめたらチチチ…系の音が鳴るじゃない、ZONDAはあのラチェット音が独特なんだね。なんだろうゼンマイ玩具の高速版みたいな高めのジジジ。Zizizizizizizizi !!! 爆音上等!まあわかりやすくていいかもね。

■ 残念!

stand

MINOURAのフック型スタンドではスポークに干渉する。

stand

置くだけならいいけど、スタンド状態ではホイール回転ができない。つまりペダル回しての変速調整チェックができなくなった…あちゃー。でも両側から挟むタイプのMINOURAスタンドを使えばいいのか。あっさり解決。

■ 大満足

zonda00cl021.jpg

自転車ならまだしも、ホイールに●万円はさすがに^^;も昔の話、いつのまにか私も金銭感覚が少しずつ・・・いやはやホイール交換ってのは初心者な私でも違いがわかるのがいいね。セール価格なら安い!昔はもっと安かった?知らんがな!「数千円も高くなってる。次に4万切るまで様子見すべき?買うべき?」ええーい、これ以上安くなるかもわからんし、チェックしながら待つのも(それはそれで楽しいけど)めんどくせーがな!これまた買ってしまえばどーということはない!だった。

ってな感じで、ZONDAを手に入れて更に楽しくなってきたという話かなー。ホイール新調おすすめ。
| 2014/06/07(Sat) | 自転車 関連アイテム | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。