tag [ CAAD10 ] [ 自転車パーツ系 ] [ ライト系 ]

■ 某漫画でおなじみ?

faibahurea002.jpg
Fibre Flare (ファイバーフレア) /tail Light

リア用=テールライトで使えるのは赤色のみ。今回はファイバーフレアのお話。
両方とも買ってみたのでショートとロングの比較レビュ-もついでに。

■ カッコイイ

ファイバーフレア

写真のはロング版で約3,200円ほど。ショートが3,000円くらい。8%税率や割引などで前後する。
長さが少し違うだけで中身と構造は一緒。

Fibreflare

スイッチ。押す毎に点灯→点滅→オフに切り替わる。

Fibreflare

ゴムカバーをめくると電池カバーが見える。両端とも同じ構造でそれぞれ単4電池1本ずつ使用。
つまり合計2本。テスト電池付きなので一応買ってすぐ使える。

Fibreflare

シリコンらしいゴムカバー。

Fibreflare

こんな感じで、赤色のクリップ部分にスライドさせて装備して・・・

Fibreflare

ゴムを一周させるようにシートステー等にまわして、赤色クリップで止める構造。
黒いゴムバンドが千切れない限りは外れないだろう多分。心配ならこの上からでも
ナイロンタイで固定しちゃえばいいと思う。

ファイバーフレア比較

上ショート/下ロング。

ファイバーフレア比較

シスのライトセイバー!だよなあ。ハスブロ社の初回出荷のが~みたいに長さが違う。
ショートの発光部分が約100mmで、ロングだと発光部分だけ45mmほど長いらしい。
説明のよると重量も65gと70gと約5gの差しかない!ほんまかいな…ほぼ同じくらいみたい。

■ E ファイバーフレア

FibreFlare ショート

CAAD10に装備。この写真のはショート版。どちらもリアブレーキの横らへんに電源ボタン部を
合わせて装備してみた。この位置ならシートステー同士を繋いでる中央のバー部分のおかげ
で下にズリ落ちないだろうし、サドルに跨ったまま操作できるから便利。

Fibreflare ショート
Fibreflare ロング

上ショート/下ロング。

点灯モードで撮影。まあ日没前の夕方撮影なんで…。日中でもあれ?点灯してるの?と
錯覚するほど光ってみえる角度があります。もちろん暗闇では点灯しないと使えないけど。

そうそう、本体の赤色クリップ部分がシートステーに接触干渉しやすいのでもしかしたら
走行中の振動などで傷がつくかも。保険として廃棄チューブの切れ端を隙間に挟んで緩和
クッションをつけてみました。これくらいの見た目犠牲は仕方なし!

■ ~の中で輝いて

テールライト

CATEYEのRAPID 5とロング版を同時装備。どっちもすっげー明るい!!

ファイバーフレア比較
ファイバーフレア比較

ショートとロングで比較。当然ロングのが長いが、短いショートでも十分過ぎる程目立つ。
視認性でいえばほぼ互角かなあと。どっちでもいい、趣味で選んでいいと思う。

ファイバーフレア ロング

まあどれか1つだけ装備ならロング推奨だろうね。私の場合はRAPID 5も使いたい
からショート版でもいいかなーと思った。重量差もほぼ一緒みたいだしどっちでも…。

ファイバーフレア

こんな感じで、左側からは光が見えにくい欠点があるね。上にある写真のように、右の車道側に
ロングをつけて左にショートの同時装備すれば目だっていいかも?でも長距離の夜間走行するなら
それでもいいけど…トンネル用しか考えてない今は1本でいいかなー。
(ブルベの規定的にはファイバーフレアは認められないとか><)

ちなみに、ブルーやグリーン発光のファイバーフレアも存在するのよね。リアに使うなら
赤しかダメだけど。夜間で目立つ為の装備ならトップチューブに別の色をつけるのもいいね。

■ ショート版で行きます!

ふぁいばーふれあ

テールライト未所持の友人様にロングを譲って、自分はショート版+RAPID 5にした。
ほんとよく目立つからトンネル内でも車が以前よりも距離を取ってくれるようになった。
まあ水に弱いらしいので雨に注意なのと、走った後は砂埃系がびっしり付着しちゃうので
掃除がめんどいかも?

てな感じで、ファイバーフレアな話でしたとさ。私みたいな初心者にもオススメだなー
| 2014/04/07(Mon) | 自転車 関連アイテム | Comment(-) | 編集▲TOP