tag [ 駄文 ]

■ すごくどーでもいい話

センター留守録を確認してみたら「Y田さん支払いがまだです。早急に~」という+++会社からの催促電話ラッシュ。
見に覚えなし、何じゃこりゃー?と悩んでいたらちょうど電話がかかってきたので事情説明することになった。
どうやらこのY田さん(仮名)という人物はカードの登録情報になぜか私の番号を書いてるらしいのだ。
まったく知らない+関係ない人だし、理由諸々を聞かれても私にはわかりっこない。
そして私=Y田さんではないと証明するのが地味にめんどくさかった…。

相手は超有名なカード会社、ここの担当さんがかなりブチギレ金剛モードっぽくて丁寧口調なんだけど
声から伝わってくる雰囲気が怖い。電話にでたとき勢いに負けて何故か謝ってしまったから少しややっこしい
オープニングだった。「滞納してる●万円を今すぐ払え」とか心臓にわるすぎ!まったく関係ないのに
そのせいで今日は変に疲れた気がする。

岡山市の看板

■もうひとつ、どーでもいい話。

先日のはなしだが、朝5時半にケータイが鳴っててびっくりして起きたら留守録が入っていた。
「もしもし研修のA田です。今日は体調が悪いので現場に出られません。お休みさせてください」
これも間違い電話乙だ。この人はどうなったのだろうか?悪いけど早朝はさすがに勘弁して欲しいって話。
スポンサーサイト



| 2010/03/10(Wed) | ブログ | Comment(-) | 編集▲TOP