上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ HGUC ] [ ガンタンク ] [ 完成 ]

■ ガンタンク製作記もこれで最終回

完成

BANDAI 1/144 HGUC ガンタンク
製作期間: 2010年2月頃 →3/21(日曜)やっと完成
  
スポンサーサイト
| 2010/03/21(Sun) | HGUCガンタンク | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ ガンタンク ]

■ デジャブっぽい

トップコート終了宣言

大失敗したボディをドボンからやり直し、ついでに黒立ち上げしてた赤色がどうも気に入らなくなっちゃって
腰とか頭アンテナなどすべての赤、そして胸ダクトのを塗るついでに黄色もすべて再塗装してやった。
やっぱ私はベタ塗りのほうが好きらしい。一気にスミ入れまで進めてみた。
いやはや、トータルで考えたら確実にガンタンクをもう1体作れてたと思うような作業量…だいぶ無駄…

嫌な予感は的中、夜からは雨が降ってきた。私がスミ入れ作業してる頃に雨風が強くなってきて
強引にトップコートの準備を進めていざ始めようとトリガーを握った瞬間に雷ズガーン!!で笑った。

■ ボディ再塗装もこの通り

丁度いいサイズのWBデカールがこれしかなくて…まぁいいか。
塗装面のしっとり感=まだ乾燥してないからです><

復活ぼでー

どこぞの某師匠が言ってた「モデラーはマゾ説」よろしく、玉砕上等でまた0.5mmでつや消し+クリア
微量を吹いてリベンジ塗装。基本を守ってやったおかげかな、(といっても雨の日のクリア系は基本的に
は駄目だよ)まーったく問題なく無事に吹き終わった。ちなみに今回はマークセッター系は使ってないっす。

やっとこさトップコートまで終わってあとは乾燥させてから組み上げるだけ。
何回同じような写真+記録を書いてるんだろう…やっと、やーっとアホなループから脱出できそうだ。
| 2010/03/21(Sun) | HGUCガンタンク | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ ガンタンク ]

■ 再塗装祭

失敗したボディをシンナー風呂にドボン→塗料・サフまで剥がす→水洗い→乾燥→表面処理の確認→
基本ブルーの塗装完了まで進めておいた。

まずここまで
そういえば下地ブラック、別のブルーを重ねたんだっけな。まぁちょっとぐらい色が違ってもいいカナ。
このあと1500番くらいで慣らしてから薄ブルー重ねで終了にしとく。

そうそう、タンクの灰色・車輪とこの片方、ここは同じくグレーで塗り分けるべきなのかね。
車輪なんだから塗るべきだったのかな?正解はどっちなのかは知らないが、今回は写真のままでいこうと思う。
| 2010/03/16(Tue) | HGUCガンタンク | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ ガンタンク ]

■ 完成へのリーチ

腰
つや消しトップコートはクレオス瓶のつや消しコート用+クリア微量+シンナー希釈して0.5mmで吹いた。

パイロット

改めて「まぁヘタクソにしては上出来だよ」とわざと自画自賛しとく。
パイロットの塗装に関しては完璧に飽きたのでもう弄りたくない状態。ここまではOK、だが・・・

■ なんと! ボディのみ大失敗っ!

Q.失敗の原因は?
A.おかわりで作ったつや消し+クリアコートに混ぜたシンナー量が多過ぎた。吹くときの圧、量、距離など

あーあー
「うわーwww」って感じでしょ。三枝師匠みたいにブブブー言いながら後ろにずっこけといた

デカール部分は上からコートして乾燥させたら思いっきり浮いてきた。
ラッカーシンナーでデカールの糊が溶けてきちゃったのかな?
(中央の段差や胸ダクトにもマークセッター塗りたくって云々だから、もしかしたら?)

あと考えられるのはカピカピ寸前のつや消しに真溶媒液で無理矢理に復活させたから入れすぎてたのかも。
ちなみにプラ部分は溶けず塗装部分だけ溶けてましたとさ。

…不幸中の何とやら、胸の黄色ダクトがうまく外れてくれたので一安心。
問題は同じデカールがあったっけなー?ってことだけ。レイアウトが気に入ってただけに云々。
恥ずかしい写真だけど事実なんだから記録しておく。 凹んでる暇はない、やり直すしかないな
| 2010/03/16(Tue) | HGUCガンタンク | Comment(-) | 編集▲TOP

tag [ HGUC ] [ ガンタンク ]

■ 家にあるだろうと思ってたEFSFデカールは

WBEFSF

1/144サイズに丁度いいサイズが無くて模型屋で探しても撃って無いわで結局MGver.ka用の水転写を
切り刻んで組み合わせた。ここ最近で出たver2.0系用の水転写はどれもフォントが気に入らない。
写真の感じのが好きですわ。ちなみにWB=ホワイトベース、EFSF=地球連邦の宇宙云々の所属だから
これで間違っては無いはず。

ちなみに水性デカールを貼ったあとにドライブースで乾燥=温めるとデカールがしわくちゃになるよね。
だいぶ前にやらかしたので同じ失敗はしない(キリッ      一度やってんじゃねーか…

■ キャノピー(クリアパーツ)の塗装 /失敗例

きゃのぴ

遠目ではバレないけどちょっとね…ちっちゃな粒みたいなのわかる?ムラもわかる?
【クリアブルーだけでなく、スーパークリア系を混ぜて吹く】のが正解なのに…スパクリ少なすぎた。

ちなみに、この画像みたいにクリップで力をかけてる状態だとシンナーで侵食されて脆くなって
突起んとこが割れる危険性がありますな。ねり消し、マスキングテープなどを使って固定すべきだよね。

■ まぁ何とな~くそれっぽい形になった

充分でしょ

あとはリタッチ&微調整→胸の中央縦に薄ブルー系一本入れる→トップコート吹いて〆ようと思う。
んーアップにするとアレですな。次回あたりにズームじゃない写真を撮影して再確認しとこう。
| 2010/03/05(Fri) | HGUCガンタンク | Comment(-) | 編集▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。